現在位置:トップページ > 聞こえについて

耳の働き

耳の構造図

耳の構造図

画像提供:GN Resound社
図の拡大はここをクリックしてください

音の伝達

音は次のような経路を経て知覚されます。

  • いわゆる"耳"と呼ばれる耳介で集まった音は、外耳道を通って鼓膜を振動させます。
  • 鼓膜の振動は、中耳にある耳小骨(三つの小さな骨)の振動で増幅されて内耳にある蝸牛へと伝えられます。
  • 蝸牛から聴神経を通って音は脳へと伝えられます。
  • 大脳で音が認識されます。言葉として認識したり、雑音として聞き分けたりするのは脳の仕事です。

難聴とは?

難聴の種類

伝音性難聴外耳から中耳までの原因のために聞こえが悪い場合
感音性難聴内耳から大脳までの原因のために聞こえが悪い場合
混合性難聴伝音性難聴と感音性難聴が組み合わさっている場合

難聴の主な原因

病気による難聴病気のために聞こえが悪くなることがあります。急に聞こえが悪くなったり、まったく聞こえなくなったりした場合や、痛み、耳鳴り、耳だれなどがある場合には、まず医師の診断を受け、適切な治療を受ける必要があります
加齢による難聴一般的には年齢とともに聞こえが悪くなります。特に子音の聞き取りが悪くなるため、例えば「かとう」と「さとう」や「白い」と「広い」を聞き間違ったりします。

補聴器の使用

補聴器の主な働きは外耳道を通って鼓膜に達する音を大きくすることです。
音の聞こえづらさや、音の高低(周波数の違い)の聞き取りは人それぞれ様々です。
難聴の種類や原因を把握し、お客様のお耳の聞こえの状態を調べて、お客様の聞こえに合った音を作る補聴器を用意することが、私たち補聴器専門店の仕事です。
補聴器専門店ではどんなことをするのでしょうか。続けて「補聴器購入の流れ」のページをご覧ください。

Copyright 2007 KODAMA-HOCHOKI. All Rigts Reserved.
こだま補聴器のホームページに掲載されているすべての画像、文書のデータについて、無断転用、無断転載をお断りします。